当社の中古パネルはここが違う!

当社は、国内で多くの販売先から受注を受け約2万枚のパネル販売を行ってきました。

新古未使用ソーラーパネルから使用済み太陽光発電システムなど 様々な部材を各地に納品実績があり、今後大量廃棄が予想される 太陽光パネルのリユースを主として事業を行っております。 競合会社が海外輸出を行う中、全ソーラ―パネルの国内市場への 流通を目指して販売を行っております。 その為、買取金額も他社より高く買取可能です。 不要になったソーラーパネル・処分を検討している発電所の 太陽光パネルやシステム等の買取はお任せください

本州の中心地に位置する福井県鯖江市にて、買取を行っております。

このような方にオススメ

メンテナンス・O&M会社様向け 

産業用・住宅用パネルは、年々発電効率や軽量化など進化しています。
自然災害等で破損の取替え時などに、「パネルの廃番品が欲しい」「変更申請に手間と時間をかけたくない」というメンテナンス会社様の声があり、弊社ではメンテナンスに必要とするパネルの型式等をリストで頂く事で、入荷時にご連絡させて頂く事が可能です。販売は、1枚から可能です。

施工業者・PPA事業者様向け

卒FIT後の自家消費型販売を行なう際、パネル価格が高騰しているので中古品を用いて自家消費型販売を行いたい業者様や、PPA事業で屋根貸しを行う際のパネルを中古品(未使用品)で代用したい事業者・団体様向けの販売も行っております。

また当社では、「300W以上」「使用年数3年未満」「大手有名パネルメーカー」等の良質な太陽光パネルの仕入れに力を入れております。
倉庫在庫も常時数千枚のストックを行っているため、工場などの自家消費向け案件時のパネル販売も可能です。

電気料金の中の再エネ賦課金が近年大幅に上昇しており、電気料金全体の値上げを引き起こしています。

このグラフからも分かるように、年々再エネ賦課金の金額は上昇しており、この傾向は今後も続いていくと考えられます。



自家消費向け(屋根置き)•電気代削減

年々、売電価格が下がり電気代は上昇し続け、売電収入での費用回収が難しくなってきています。
そんな中、太陽光発電を使った自家消費型でクリーンなエネルギーの確保が各企業に求められてきています。
SDGsを取り入れる企業が増えてきている中、
弊社ではリユースパネルを使用した太陽光発電の設置を行っています。
使用できるパネルは再利用する。3Rに力を入れる企業サポートを行います。

防災からSDGs、3R推進、RE100など様々な制度のサポートを行わせて頂きます。

詳しくはお問い合わせください。



新しいソーラーパネルの運用モデル ー自家消費型モデルー

売電価格が下落しており、『売電収入』による費用回収モデルが今後厳しくなります。

そこで弊社は、中古ソーラーパネルによる自家消費型モデルをお客様にお勧めしております。

これは、中古のソーラーパネルを導入し初期費用を抑え、発電した電気を自家消費に100%回すことで、月々の電気代を減らすことです。

費用三分の一削減

ソーラーパネル販売例

S社製ソーラーパネル一枚の値段 8kw

新品ソーラーパネル:4.5万円

中古ソーラーパネル:1.5万円

中古ソーラーパネルを導入することで、新品のソーラーパネルの導入に比べて初期費用を約1/3に抑えることができます。

中古ソーラーパネルは、発電量に関しては新品に劣りますが、『自家消費型運用モデル』の場合十分な発電量を確保できます。



中古ソーラーパネル導入によるメリット

中古ソーラーパネル導入のメリットは、費用削減だけでなく他にもたくさんあります。

一例として、建物の断熱性能と、保温性能を上げることができます。

以下で、それぞれについて詳しく解説しております。